【駆除内容で料金が変わる!】ねずみ駆除の基礎知識!

ねずみ駆除の料金は種類や方法で変わってくることを理解すべし!

ねずみは可愛いけど・・・

ねずみは可愛いと思っている方も少なくありません。世界的に有名なキャラクターにもねずみを採用しているし、ねずみが料理人になるという設定の映画もあるくらいキャラクターとしても人気があり、ポピュラーな存在です。でも、それらは美化されているから可愛く見えるのであって、実際のねずみはとても怖い存在なんですよ。では、そんなねずみ達の人間に及ぼす被害について紹介しましょう。

ねずみ駆除の対象となる種類

ハツカネズミ

昔は祭りにハツカネズミを販売していたということがありました。そのためペットとしても飼えるネズミとして有名です。白い色のイメージがありますが、それは品種改良されて真っ白にされたと言われています。野生のハツカネズミは体が茶色なのが特徴です。繁殖能力が高く、警戒心はそれほど高くありません。倉庫や外壁と内壁の間を好んで住み着くと言われています。

クマネズミ

都市部での駆除依頼の多くがクマネズミと言われるくらい増えてきています。尻尾や耳が長くて大きいのが特徴です。警戒心が強く、運動能力も高いので駆除するのが難しいと言われています。天井に住み着くことが多いですが、3日何も食べなかったら死んでしまう繊細さも持っています。

ドブネズミ

キング・オブ・駆除ネズミといえばこのネズミ以外考えきれないほど有名です。その名も「ドブネズミ」です。名前からして駆除対象のねずみとわかりますね。特徴としては、駆除対象のネズミの中で最も大きくなる種類です。中には猫と同じ位の大きさになる個体もいるそうです。住処は名前からも想像がつきますね。下水や台所の下、ゴミ捨て場などです。泳ぎも上手いし、寒さにも耐えられるため世界中にいます。

【駆除内容で料金が変わる!】ねずみ駆除の基礎知識!

ねずみ

ねずみが起こす被害って?

ねずみの被害というのは大きく分けて2種類「衛生面」と「経済面」です。まずは衛生面から説明しましょう。ねずみは体内に多くの菌を保有しています。いくつかの菌の中に人に大きな害をあたえる菌も保有しています。菌に感染する経路としては、糞や尿、ねずみに噛まれるという経路があります。菌に感染すると、熱や腹痛、最悪死に至ることもあります。続いての経済面について説明します。自宅を柱を噛じったり、住み着いたりするとねずみ駆除の費用が掛かったり、家の修繕費も必要となります。また飲食店なら、食中毒問題、パソコンのコードを噛じって漏電させる被害などもあります。

駆除方法について

ねずみ駆除方法としては、毒入りのエサでおびき寄せて、食わせて駆除する方法、ねずみを捕獲する粘着シートの使用する方法、殺鼠剤を撒く方法もあります。依頼された場所によって駆除方法を変えます。また駆除方法、駆除の範囲で料金も異なるので、見積もり時に詳しく聞くようにしましょう。

毒に強いねずみ「スーパーラット」

「動物は学習して進化する」ということを忘れないでください。近年、駆除業者を悩ませるねずみがいることはご存じでしょうか。それは「スーパーラット」と言われる存在です。駆除対象になるねずみ達は、常に駆除される危険と隣り合わせです。そのため罠の種類を見分けるようになると言われています。それに、毒のあるエサも耐性がつき毒に強くなります。頭も良く、毒にも強いスーパーラットは脅威そのものです。一目でスーパーラットなのかわかりませんが、被害内容は変わりません。被害が拡大する前に、駆除依頼を心がけましょう。

広告募集中